誰か [宮部みゆき]

誰か
宮部 みゆき著
amazonでレビューをみる

オンライン書店BK1でレビューをみる


財閥会長の運転手・梶田が自転車に轢き逃げされて命を落とした。広報室で働く編集者・杉村三郎は、義父である会長から遺された娘二人の相談相手に指名される。妹の梨子が父親の思い出を本にして、犯人を見つけるきっかけにしたいというのだ。しかし姉の聡美は出版に反対している。聡美は三郎に、幼い頃の“誘拐”事件と、父の死に対する疑念を打ち明けるが、妹には内緒にしてほしいと訴えた。姉妹の相反する思いに突き動かされるように、梶田の人生をたどり直す三郎だったが……。  一見地味で小さな事件でも、関わるすべての人々の悩みは深い。そうした悩める人々の生きざまを、著者ならではの温かいまなざしで見つめて描いた、傑作長編ミステリー! (実業之日本社HPより引用)


主人公となるのは杉村三郎という財閥会長の愛人の娘の夫。なんとも微妙なポジションながら飄々とした雰囲気が好ましい人物像です。

その微妙な杉村はひょんな関係から、自転車による轢き逃げ事故で死亡した梶田の2人娘の本の出版に力を貸すことになります。姉の梶田聡美は、父親の梶田には後ろ暗い過去があり死亡事故には何かしらの事件性があるのではと心配し、妹の梶田梨子は目撃情報のあった赤いTシャツの少年に一矢報いようと必死です。杉村は、梶田姉妹の相反する性格に板ばさみとなりながら、梶田の人生を遡っていきます。

轢き逃げ事故の真犯人を見つけ出す物語かと思いつつ読み進めましたが、そうではありませんでした。この物語の中心に位置するのは姉の梶田聡子の暗い思い出。

その暗い思い出が梶田聡子のその後に大きく影響し、そこには悲しい人生が。

この作品では梶田親子に関わる様々な人物が登場しますが、それぞれに関わり方が違い、それぞれに深い想いがあります。その想いはすれ違ったり、衝突したり、心の奥底に閉じ込めたり、挙句には忘れられてしまったりします。人との関わりが人生を作り、時には終わらせてしまうこともある。思いがけず他人の人生に関与してしまうことは、めずらしいことではなく、いつ誰がどんな風に関わってくるか分からない、人生とはそんなものなんだな〜と思いました。

作中に出てきた絵本「小さなスプーンおばさん」が気になってしまっているのは私だけでしょうか??今度読んで見ようと思っています。


『名もなき毒』という続編が東京新聞系で連載されていたそうです。単行本化が楽しみですね。

posted by 玉葱 at 2006年02月15日 | Comment(6) | TrackBack(13) | 宮部 みゆき
この記事へのコメント
TBありがとうございました。

>『名もなき毒』という続編が東京新聞系で…
それは知りませんでした。単行本が出たら、やはり読んでみたくなるでしょうね。
Posted by bibliophage at 2006年02月15日 09:11

はじめまして。
TBありがとうございました。
「小さなスプーンおばさん」私も気になっていたのに、そのままにしていて忘れていました。思い出せて嬉しいです。読んでみます。
続編、やっぱり杉村が主人公なんですよね、きっと。楽しみです。
Posted by なな at 2006年02月15日 10:18

もぉ〜玉葱さぁ〜ん!! 突然ブログが消えちゃってがっかりしていたんですぅ。
久々にコメントで再会出来て、akarinめっちゃ嬉しかったです( ^∀^)
また、これからちょくちょく遊びにきますね!
沢山の本を紹介してくれてるので、私も参考にさせて頂きますw
これからも、どんどん足跡残していってね♪
では、またぁ〜ヾ(〃^∇^)ノ
Posted by akarin at 2006年02月15日 23:55

はじめまして、わさびです。
TBありがとうございました。
この物語に限らず、
ひとはそのひと単体だけで存在するのでなく、
誰かがした(またはしでかした)なにが
思いがけないものを生み出したり、
あるいは壊したりするのだなぁ、なんて。

ではまた。
Posted by わさび at 2006年02月17日 12:19

通りすがりの宮部ファンです。
ファンなのですが「名もなき毒」のことは
さっき知りました。
ところで、「名もなき毒」はどのように
「誰か」と繋がっているんでしょうか?
発売日の28日と言えば今度の日曜日ですが、気になります。。。。

また寄らせて頂きます。
Posted by ひーちゃん at 2006年08月25日 00:04

>ひーちゃんさん
「名もなき毒」が発売されるんですか!?
それは知りませんでした。
28日じゃ、もうすぐですね。
楽しみです(^ー^)
Posted by 玉葱 at 2006年08月25日 20:47

コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


「誰か」宮部みゆき
Excerpt: 誰かposted with 簡単リンクくん at 2005. 6.23宮部 みゆき / 宮部 みゆき著実業之日本社 (2003.11)通常2〜3日以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見..
Weblog: 本を読む女。改訂版
Tracked: 2006-02-15 01:02

「誰か somebody」宮部みゆき著【感想】
Excerpt: 少し前に出た宮部みゆき「誰か Somebody」が新書で発売してたのでサッソク読みました。 個人的にハードカバーは絶対買わない派なので新書で発売して良かった(^o^) 事故死した運転手には、 ..
Weblog: 日々の戯言
Tracked: 2006-02-15 01:03

『誰か somebody』 誰にでも失敗作はある…
Excerpt: 著者:宮部みゆき  書名:誰か somebody 発行:光文社 緊迫度:★★☆☆☆ 国民的作家宮部みゆき氏の2003年作品がノベルス版で登場。 今多コンツェルン会長の専属運転手梶田..
Weblog: 粗製♪濫読
Tracked: 2006-02-15 09:05

「誰か Somebody」@宮部みゆき
Excerpt: 久しぶりに宮部みゆきさんの作品を読みました。 財閥会長の運転手・梶田が事故死した。遺された娘の相談役に指名され、ひょんなことから彼の過去を探ることになった会長の婿・三郎は、姉妹の相反する思いに..
Weblog: Ragtimeな芝居小屋
Tracked: 2006-02-15 09:14

「誰か」宮部みゆき
Excerpt: 誰か ----Somebody宮部 みゆき 要領がいいとは言えない杉村三郎。結婚した相手は今多コン ツェルン会長の娘、世間で言うところの逆玉だ。ある夏の日、会長の個人運転手だった男が自転車にはねられ死..
Weblog: ナナメモ
Tracked: 2006-02-15 10:19

○「誰か」 宮部みゆき 実業之日本社 1524円 2003/11
Excerpt:  予告どおり、鹿児島の地を離れ、嫁さんと二人の娘を置いたまま、単身東京に来てしまった評者は、今新しい住まいでキーボードを叩いている。のだが・・・お尻の下に変な物が存在している。この瞬間、他人が評者の姿..
Weblog: 「本のことども」by聖月
Tracked: 2006-02-15 11:03

▲ 誰か 宮部みゆき
Excerpt: 誰か ----Somebody宮部 みゆき 実業之日本社 2003-11-13by G-Tools 財閥会長の運転手・梶田が自転車にひき逃げされて命を落としました。義父である会長から、遺された娘二..
Weblog: IN MY BOOK by ゆうき
Tracked: 2006-02-15 14:36

(書評)誰か Somebody
Excerpt: 著者:宮部みゆき 今多コンツェルン会長の個人運転手・梶田が自転車に轢き逃げされて
Weblog: たこの感想文
Tracked: 2006-02-17 09:51

「誰か Somebody」 宮部みゆき
Excerpt: 誰か Somebody光文社このアイテムの詳細を見る お薦め度:☆☆☆☆+α 「事故死した運轉手には、二人の愛する娘と、ささやかな祕密があつた」 この言葉は、この本の裏表紙に書かれてゐる(しかも..
Weblog: 仙丈亭日乘
Tracked: 2006-03-22 01:04

『誰か』 宮部みゆき
Excerpt: やっぱり宮部みゆきの作品は、面白い。 軽くて物足りない…という評も聞くけれど、 確かに、絡まりまくった犯罪に巻き込まれるのか、 とんでもない大事件に巻き込まれるのか、 と思いきや、そうでも..
Weblog: *モナミ*
Tracked: 2006-09-14 21:22

宮部みゆき:「誰か」
Excerpt: 誰か ----Somebodyposted with amazlet on 06.10.17宮部 みゆき 実業之日本社 売り上げランキング: 280,843Amazon.co.jp で詳細を見るりょー..
Weblog: りょーちの駄文と書評
Tracked: 2006-10-17 11:49

「誰か Somebody」宮部みゆき
Excerpt: タイトル:誰か Somebody 著者  :宮部みゆき 出版社 :実業之日本社 読書期間:2006/11/29 - 2006/12/02 お勧め度:★★★ [ Amazon | bk1 ..
Weblog: AOCHAN-Blog
Tracked: 2006-12-12 14:50

「誰か」宮部みゆき
Excerpt: 宮部みゆき「誰か」を読んだ。(この記事はネタばれあり)    この話は杉村三郎という35歳の男が主人公。妻の父は財閥の会長。彼は「逆玉の輿」というわけだ。そんな杉村は会長から依頼を受ける。実は会長お抱..
Weblog: りゅうちゃんミストラル
Tracked: 2009-11-21 19:16
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。