白夜行 [東野圭吾]

白夜行
東野 圭吾著
amazonでレビューをみる

オンライン書店BK1でレビューをみる


1973年、大阪の廃墟ビルで一人の質屋が殺された。容疑者は次々に浮かぶが、結局、事件は迷宮入りする。被害者の息子・桐原亮司と、「容疑者」の娘・西本雪穂―――暗い眼とした少年と、並外れて美しい少女は、その後、全く別々の道を歩んで行く。二人の周囲に見え隠れする、幾つもの恐るべき犯罪。だが、何も「証拠」はない。そして十九年・・・・・・。息詰る精緻な構成と、叙事詩的スケール。心を失った人間の悲劇を描く、傑作ミステリー長編!(文庫裏表紙より引用)


ドラマが始まる前に読もうと思っていたのですが、気づけばもうドラマも終盤にさしかかってる模様・・・。ドラマを先に見てしまったため、ドラマのイメージで読み始めたのでしたが、これがとんだ失敗でした。先入観もって入り込んでしまったというのもあるのですが、ドラマのほうは原作とは違った角度で進んでいくがために、先が分かってしまった部分が多く、原作を先に読んでいれば感じ方がだいぶ違ったように思えます。こんなことなら、無理してでもドラマが始まる前に読んでおくべきでした・・・。orz

亮司と雪穂が、別々に話が進み、「いつになったら亮司と雪穂のラブストーリーが始まるんだよ!」なんておもいつつ読んでいました(笑)。

この作品のすごいところは、主人公である亮司、雪穂の二人の主観が全くないところにあります。亮司、雪穂の気持ちは読者の想像に委ねられ、物語は亮司、雪穂に関係するたくさんの登場人物の視点により進められていきます。川島江利子、高宮誠、三沢千都留、園村友彦、松浦勇、篠塚一成、唐沢礼子、栗原典子、西口奈美江、桐原弥生子、今枝直巳、笹垣潤三などなど、ほんとにたくさんの人物が登場します。それぞれの関わり方があり、それぞれの狙いがあるところにも面白さがあります。どの人物を主人公にしても面白い小説ができそうです。

残りのページが少なくなってくると、最後はどう落としてくれるのか、期待が高まりました。すべては「全然知らない人です。」という雪穂の最後の一言に集約されていますね。切ない物語でした。

ところで、ドラマを見ている時は武田鉄也氏の演技に違和感を感じていたのですが、原作を読んでみると、外見は別としてイメージはぴったりですね。逆に雪穂のイメージがかけ離れていることに驚きました。


『幻夜』が『白夜行』の続編であるという節があるようですが、こちらもダークな内容みたいなので、後回しかな(笑)


ドラマ公式ページ → TBS『白夜行』


posted by 玉葱 at 2006年03月08日 | Comment(3) | TrackBack(14) | 東野 圭吾
この記事へのコメント
こんばんは!TBありがとうございました。
確かにこれ、ドラマを先に見てしまうと原作での効果(亮司と雪穂の内情が語られていないこと)が薄れてしまうんですよね。でもドラマはドラマで良い描き方をしていると思います。
『幻夜』はかなりダークです。もうどんよりします。さらに奥深いので是非読まれてみてくださいね。
TBさせていただきました。
Posted by リサ at 2006年03月09日 00:37

濃厚な本でしたね。
ドラマはもう少しで最終回。
胸に迫る映像になっていてほしいなぁ

TBありがとうございます。
こちらからは送る事が出来ませんでした。。
時間をおいて再チャレンジしてみます。
Posted by AKIRA at 2006年03月09日 10:42

>リサさん
そうですね。原作を存分に楽しめないのをドラマのせいにしてしまいましたが(逆恨み状態ww)、ドラマはドラマで面白いんですよね。幻夜も機会があれば読んでみます。コメント、TBありがとうございました。

>AKIRAさん
なんだかTBができないようですね。私も試してみたのですが、できませんでした。。。何も設定変えていないのに、なぜだろう??他の記事も同様みたい・・・。TBできてる方もいるし・・・。seesaaさ〜ん!どういうこと?
AKIRAさんには悪いことしてしましました。すみません。また、遊びに来てくださいね。
Posted by 玉葱 at 2006年03月11日 12:03

コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


『白夜行』東野圭吾
Excerpt: 白夜行東野 圭吾 集英社文庫2002-05by G-Tools 19年前の大阪の質屋殺し。迷宮入りしたこの事件に関係した少年と少女が歩んだ道は…。絶望の白い光の中、魂の荒野を行く男と女を、叙事詩的ス..
Weblog: ひなたでゆるり
Tracked: 2006-03-09 00:27

白夜行 東野圭吾
Excerpt: 大阪の質屋殺しを発端に、次々と不可解な事件が続いた。 時は流れ、19年にも及ぶ歳月を費やした後、事件の真相が明らかになる。 男女二人を軸にストーリーは展開。 事件当時、子供だった二人が、各々の人..
Weblog: かみさまの贈りもの??読書日記??
Tracked: 2006-03-09 13:25

「白夜行」 
Excerpt: 「白夜行」    東野圭吾:著   集英社/1999.8.10/1900円 長い。 主人公が小学生の時から大人になってもの 二十年近くにわたる物語である。 登場人物それぞれの人生..
Weblog: 月灯りの舞
Tracked: 2006-03-09 14:47

白夜行
Excerpt: 東野 圭吾 白夜行 分類、ミステリーでいいよね? 東野圭吾だしさ…。 この本のおかけで、昨日一日つぶれました。 そして、1社セミナーサボりました(←おおマジ) こんなこ..
Weblog: 乱読日記
Tracked: 2006-03-09 23:24

東野圭吾【白夜行】
Excerpt: 「これはもう腰をすえてゆっくり読む覚悟」と思っていた800ページ以上の厚い本ですが、腰をすえて読み出したら あっという間にエンディングでした。 文章がさらっとしていて、著者の過..
Weblog: ぱんどら日記
Tracked: 2006-03-16 09:07

「白夜行」 東野圭吾
Excerpt: 「白夜行」 東野圭吾 お薦め度:☆☆☆+α 2006年3月22日 讀了
Weblog: 仙丈亭日乘
Tracked: 2006-03-23 22:23

「白夜行」最終話 〜身を投げし男が指さす白夜の光〜
Excerpt: 笹垣(武田鉄矢)を殺めようとしたが出来なかった亮司(山田孝之)は、再び姿を消す。その亮司と連絡が途絶えた雪穂(綾瀬はるか)は、「R&Y」2号店の出店準備に追われていた。そんな時、笹垣あてに友彦(小出恵..
Weblog: 混沌と勇気日記。 〜汝に混沌の祝詞を唄える勇気の時代在りし時〜
Tracked: 2006-03-24 23:53

東野圭吾『白夜行』
Excerpt: 白夜行集英社このアイテムの詳細を見る 今回は、東野圭吾『白夜行』を紹介します。本書を読むきっかけは、ドラマ化されるということと今の時期に作者が直木賞を取ったということで読んでみました。 亮司や雪穂..
Weblog: itchy1976の日記
Tracked: 2006-03-26 12:56

白夜行 最終回
Excerpt: いや~壮絶!! 最後は亮司がラストの死を飾りました。 金八がこの作品の良いところを全部持っていったのでは? と、思えるほどに、迫真の演技! 金八が亮司の全ての罪を叫び、父親のように亮司を受け止めよう..
Weblog: ドラマ!テレビ!言いたい放題
Tracked: 2006-04-02 03:06

「白夜行」東野圭吾
Excerpt: 「白夜行」・・・東野作品の長編名作。昨年ドラマ化もされ話題性に富んだ作品だ。 普段は気の向いたときに、積読本の中からふと手にする東野作品。 自室に在庫が無く敢えて図書館予約までして読まなきゃ..
Weblog: 雑板屋
Tracked: 2006-04-18 20:11

百夜行   東野圭吾
Excerpt: 東野圭吾さんはずっと気になっていたし読みたいなぁと思っていたのでドラマ化される百夜行読んでみました面白かったですこっからはネタバレなのでドラマを白紙で見たい人は読まないほうが良いと思いますしかし長か..
Weblog:                 †DIARY†  
Tracked: 2006-08-18 22:11

「白夜行」東野圭吾著、読んでみました。
Excerpt: 「白夜行」東野圭吾著、読んでみました。「東野圭吾」21作目です。1973年に起こった質屋殺しを発端に物語りは進んでゆく。主要人物の「雪穂」と「亮司」と私の年齢が近いこともあり、自分が過ごした時代と重な..
Weblog: GOCCIの男を磨く旅(笑)
Tracked: 2007-07-04 06:50

白夜行 東野圭吾
Excerpt: 1973年に起こった質屋殺しがプロローグ。最後に被害者と会った女がガス中毒死して、事件は迷宮入りする。物語の主人公は、質屋の息子と女の娘だ。当時小学生だった二人が成長し、社会で“活躍”するよう..
Weblog: カブシキ!
Tracked: 2007-11-15 23:05

白夜行
Excerpt: 大阪のある町でおきた殺人事件。 質屋の主人が建設中のビルで殺されたその事件は、 犯人の手がかりもなく迷宮入りとなった。 その事件から20年。担当した刑事は、 当時その町にいたある少女を追..
Weblog: これであなたも読書通!話題の本をほぼ日刊でご紹介
Tracked: 2009-03-26 11:37
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。