うつくしい子ども [石田衣良]

うつくしい子ども
石田 衣良著
amazonでレビューをみる

オンライン書店BK1でレビューをみる


学園都市を震撼させた9歳の女の子の猟奇殺人。犯人は13歳の弟のカズシと判明。殺人現場に残されていたサイン<夜の王子>はカズシなのか?「本当のぼくは、どこにいる?」という弟の心を解明しようとする14歳の兄の闘い。感動のミステリー!(文庫裏表紙より引用)


殺人を犯してしまった弟カズシの心を解明しようと、フィールドワークを開始した少年・ジャガの成長物語。

犯人の身内という過酷な状況に置かれながら、決して道を誤らず、まっすぐに成長するジャガに感動。というか感嘆ですね。子どものなんでも吸収してしまう力はすごいですね。それが美しい心を養うのか、間違った方向へ向いてしまうのか、いったいどこが分かれ目となるのでしょう。カズシとジャガにどんな違いがあったのでしょう。

重たい題材にも関わらず暗くならなずグイグイ読ませる文体には、著者の力を感じましたが、このテーマをミステリーとしてしまったのは少しもったいないような気がしました。
posted by 玉葱 at 2006年05月01日 | Comment(1) | TrackBack(7) | 石田 衣良
この記事へのコメント
TBありがとうございました。
この本を読んだとき、本当にじゃがという少年の
心の強さに驚かされました。
精神的にはとてもきつかったと思うんです。
でも、見守ってくれる友人たちと一緒に
必死に頑張る姿は本当に「うつくしい子ども」でしたね。(*^_^*)

こちらからもTBさせてもらいます。
Posted by みわ at 2006年05月01日 10:27

コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


「うつくしい子ども」石田衣良
Excerpt: ? 石田 衣良 うつくしい子ども ? ? ???私にとって二冊目の石田衣良です。タイトルが意味ありげなので借りてみました。  神戸の児童殺傷事件をモチー..
Weblog: ☆バーバママの小説大好き日記☆
Tracked: 2006-05-01 07:57

うつくしい子ども / 石田衣良
Excerpt: うつくしい子どもというタイトルと、表紙のきれいさに惹かれて図書館で借りてきました。石田作品は2作目なのですが、今度はまったく毛色の違うものという印象でした。どちらも好きです。ぐいぐいと引き込まれる感じ..
Weblog: 活字中毒
Tracked: 2006-05-01 10:26

『うつくしい子ども』 石田依衣
Excerpt: うつくしい子ども文藝春秋このアイテムの詳細を見る 新聞の下欄の本の宣伝にこの本が掲載されていたので、 つい先日読んでみました!! 題名が「うつくしい子ども」とあるので、ほのぼのした話かな?と思って..
Weblog: こみきの空間
Tracked: 2006-05-02 18:19

うつくしい子ども
Excerpt: 読みやすい本ですね。
Weblog: 俺って何者?
Tracked: 2006-05-07 22:01

『うつくしい子ども』 石田依衣
Excerpt: うつくしい子ども文藝春秋このアイテムの詳細を見る 新聞の下欄の本の宣伝にこの本が掲載されていたので、 つい先日読んでみました!! 題名が「うつくしい子ども」とあるので、ほのぼのした話かな?と思って..
Weblog: こみきの空間
Tracked: 2006-05-08 00:41

うつくしい子ども
Excerpt: 石田衣良著。 ストーリーは、緑豊かなニュータウンを騒然とさせた九歳の少女の殺人事件。 犯人は、主人公の十三歳の弟。 少年犯罪(殺人)を加害者の家族の視点で見ている作品です。 なぜ、弟は事件を起こした..
Weblog: 奮闘日記
Tracked: 2006-06-04 09:12

うつくしい子ども 石田衣良
Excerpt: うつくしい子ども この本は「ほんだらけ」のuririnさんにオススメしてもらいました。ありがとうございました。 ■やぎっちょ書評 石田衣良さんが・・・・東京じゃない。ガーンん!! あち..
Weblog: "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!
Tracked: 2007-01-19 21:49
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。