ぼんくら(下) [宮部みゆき]

ぼんくら 下
宮部 みゆき〔著〕
amazonでレビューをみる

オンライン書店BK1でレビューをみる


「俺、ここでいったい何をやっているんだろう」。江戸・深川の鉄瓶長屋を舞台に店子が次々と姿を消すと、差配人の佐吉は蒼白な顔をした。親思いの娘・お露、煮売家の未亡人・お徳ら個性的な住人たちを脅えさせる怪事件。同心の平四郎と甥の美少年・弓之助が、事件の裏に潜む陰謀に迫る「宮部ワールド」の傑作。(文庫裏表紙より引用)


下巻は、上巻の前半部分のようにそれぞれ話が分かれておらず、切れ目がないので、一気に読んでしまいました。

ぼんくらな井筒平四郎が立ち上がり事件の真相に迫るのですが、この井筒平四郎の鉄瓶長屋に対する想い、いや鉄瓶長屋の住人に対する想いが伝わり暖かい気持ちになります。最期の井筒平四郎の解決の仕方にも好感が持てます。女の嫉妬、同僚の妬みなど醜い部分もあるのですが、平四郎のほのぼのとした感じと、煮売屋のお徳の人情の厚さが目立ち、物語は暗くならずにテンポ良く進んでいくところが宮部さんならではだなと思いました。

実は宮部みゆきさんの時代物はほとんど読んでいなかったのですが、この「ぼんくら」に登場する(名前だけだが・・・)茂七親分が他の作品にも数々登場するというのを知ってしまうと、他の作品も読まずにはいられなくなりますね。

この文庫がすごい!2005年版 時代小説部門第1位に選ばれています。
また、ABCラジオ発・ニッポン放送系全国14局ネットにて、ラジオドラマ化され、2005年10月9日から放送しているようです。井筒平四郎役は中村橋之助さん、細君役に原田知世さん。公式サイトは→http://abc1008.com/bonkura/bonkura.html


3連休最終日の雨の日、予定もなくただただ読書した今日。誰にも邪魔されずにぼんくらに読書にふける一日というのもいいですね。
posted by 玉葱 at 2005年10月11日 | Comment(6) | TrackBack(13) | 宮部 みゆき
この記事へのコメント
はじめまして。トラックバックありがとうございました。
宮部さんの時代小説いいですねえ。次、「ぼんくら」熱がさめやらぬうちに「日暮らし」を読まれるのがいいと思います。あと茂七親分が出てくるのは「初ものがたり」だったかなあ、ちょっとうろおぼえですが、手当たり次第手にとってもはずれがないので大丈夫と思います。
ラジオドラマで中村橋之助ですかあ。飄々としたイメージぴったりですねえ。
ではこれからもよろしくお願いします。
Posted by ざれこ at 2005年10月11日 08:49

はじめまして。トラックバックありがとうございました。
私はお恥ずかしい話で読書量がものすごく少ないのですが(笑)そんな中、こういう面白い作品に出会えたことをとても嬉しく思っています。
私も、この作者の他の時代物作品も読んでみたいと思いました(といいつつまだ読んでません…^^;)
Posted by さいん at 2005年10月11日 15:45

はじめまして(^-^)
ちょっといっぷくのハレバレと申します。
宮部さんの本は、どれをとっても面白いですね。
時代小説は特に好きです。
ラジオドラマやってるんですねぇ。全然知りませんでした。
どんなんだろう・・・聞いてみたいとおもいました。
Posted by ハレバレ at 2005年10月11日 19:09

>ざれこさん
日暮らしもすぐに読みたいですね〜。茂七親分は、解説には本所深川ふしぎ草紙と初ものがたりに登場するとありました。初ものがたりでは主人公だそうですね。「私の読まなきゃリスト」に追加しましたwwこちらこそよろしくです。

>さいんさん
私もたいした量は読みませんが、読んでみたいと思う本はた〜くさんあります。でも本屋や図書館にいくとあれ?なんだっけ?と忘れちゃうことが多いですwwもし、そうやって読まずにいる本が、ものすごい名作であったならば、すごく大切な機会を逃している気がします。ですので、なるべくメモをとるようにしてるのですが、そのメモを忘れちゃったりしちゃうんですよね〜(; ̄ー ̄A

>ハレバレさん
ラジオドラマ。ほんと、どんなのなんでしょうね。車の中とかでラジオをつけたらラジオドラマがやってたりすると、即チャンネル変えちゃう管理人ですので、ラジオドラマ自体を聞いたことがありません。この機会に聞いてみようかな。
Posted by 玉葱 at 2005年10月12日 21:28

TBありがとうございます。
宮部みゆきさんの江戸ものは大好きで、大分読みました。どれも素晴らしい作品です。
ほとんど図書館利用なので、日暮しは、かなり前から予約中です。楽しみにしてます。
Posted by けい at 2005年10月17日 17:15

>けいさん
私も図書館で予約しました。でも蔵書数の10倍くらいの予約が既にあって、いつになるやら・・・。今は初ものがたりを読んでます。
Posted by 玉葱 at 2005年11月10日 20:25

コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


「ぼんくら」(宮部みゆき)
Excerpt: 読み返しになるが,宮部みゆきの「ぼんくら」を読み終わった。読み返しだったのと「日暮らし(上)」を読んだあとなので,いまさら全体についての感想を書く気にもなれず,今回は弓之助,おでこの2人の天才について..
Weblog: まあぼの交差点
Tracked: 2005-10-11 00:19

「ぼんくら」宮部みゆき
Excerpt:   「日暮らし」が図書館からもうすぐ届くため、そろそろ読むかな、と 積読から取り出して読んでみた「ぼんくら」。宮部作品は久しぶりに読む。 うへえ、やっぱり面白い。予想以上の手応え。やっぱええ..
Weblog: 本を読む女。改訂版
Tracked: 2005-10-11 08:42

『ぼんくら』
Excerpt:  面白い小説は、行間に“糸車”みたいなものが仕込んであって、読み手の視線をクルクルと巻き取っていく…そんなイメージを抱いている。視線が巻き取られ続けるので、目が離せなくなり、気付いたらラストまで一..
Weblog: 天竺堂通信
Tracked: 2005-10-11 08:44

宮部みゆき「ぼんくら」
Excerpt: 先週実家に帰ったとき、文庫版の上下巻を一気に読みました。 えっ、そうそう、やっと京極夏彦以外の本を読みましたよ(爆) と、そういえば宮部みゆきは「RPG」を読んだことがあったんだった。 これだけ読書..
Weblog: day by day
Tracked: 2005-10-11 15:42

『ぼんくら 上・下』 宮部みゆき
Excerpt: 今日はまた、すこぶる良い天気です。日中、陽なたはまだまだ暑いのですが、日陰だとやや涼しく感じられ、風が通ると過ごしやすくなってきました。朝夕は虫の声と共に、秋を感じられるようになってきました。  今年..
Weblog: ちょっといっぷく
Tracked: 2005-10-11 19:00

「ぼんくら」読了
Excerpt: 宮部みゆき 著:『ぼんくら』上下巻を読み終えました。 上巻 収録 殺し屋 博打うち 通い番頭 ひさぐ女 拝む男 長い影(一〜六まで) 下巻 収録 長い影(七〜十三) 幽霊 雑誌に連載された作品と..
Weblog: xina-shinのぷちシネマレビュー?
Tracked: 2005-10-11 20:35

時代小説
Excerpt: 時代小説時代小説(じだいしょうせつ)は、過去の時代・人物・出来事などを題材として書かれた小説のこと。現代の日本では、明治時代以前の時代を対象とすることが多い。時代小説と呼ばれる場合は、歴史小説に比べる..
Weblog: 小説の詳説ページ
Tracked: 2005-10-15 16:31

ぼんくら・・・宮部みゆき・・Pまだ513中278
Excerpt: 江戸下町深川北町の一角、鉄瓶長屋で繰り広げられる、いくつかの事件が今回も綴られている。 7つの話からなるが、5話までは短編で早めに読み終えたが、今読んでいる6話目「長い影」は長編352ページ、..
Weblog: 読書日記
Tracked: 2005-10-17 17:22

ぼんくら・・・宮部みゆき・・P513
Excerpt: 楽しかった^^。何て表現が素晴らしいのだろうと感心する。 以前読んだ深川の岡っ引きの茂七親分も登場する。がもう歳は米寿、手下の政五郎が何かと平次郎を助ける。 鉄瓶長屋の謎が段々解けてく..
Weblog: 読書日記
Tracked: 2005-10-17 17:23

日暮らし 宮部みゆき
Excerpt: 宮部みゆき『日暮らし(上・下)』(講談社)宮部みゆきは、「進化」する。「著者時代小説の最高傑作」と言われる長編、登場!まさに格別の味わい。『ぼんくら』に続く、待望の下町時代小説本当のことなんて、どこに..
Weblog: がちゃのダンジョン 映画&本
Tracked: 2006-01-17 16:02

『ぼんくら(上・下)』 宮部みゆき (講談社文庫)《再読》
Excerpt: ぼんくら 上(講談社文庫)宮部みゆき〔著〕出版社 講談社発売日 2004.04価格  ¥ 620(¥ 590)ISBN  4062747510bk1で詳しく見る ぼんくら 下(講談社文庫)宮..
Weblog: 活字中毒日記!
Tracked: 2006-01-18 01:40

『ぼんくら』 (上・下)   宮部みゆき
Excerpt: ぼんくら〈上〉講談社このアイテムの詳細を見る ぼんくら〈下〉講談社このアイテムの詳細を見る 著者名 :宮部みゆき   発行年(西暦) :2004年 出版社 :講談社文庫   値段 :1000-150..
Weblog: 仙丈亭日乘
Tracked: 2006-03-22 01:07

ぼんくら 【宮部みゆき】
Excerpt: 『殺し屋が来て、兄さんを殺してしまったんです』。。江戸・深川の鉄瓶長屋で、八百屋の太助が殺された! この事件を皮切りに次々と長屋の店子たちに不幸が襲いかかり、順に長屋を離れていく。 鉄瓶長屋に 一..
Weblog: *読み出したら止まらない*
Tracked: 2007-03-12 23:53
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。