葉桜の季節に君を想うということ [歌野晶午]

amazonでレビューをみる

オンライン書店BK1でレビューをみる


こと女に関してはからっきし意気地のない後輩・キヨシに拝み倒されて、南麻布の愛子嬢の屋敷を訪ねたのが事件の発端だった――。なんでもやってやろう屋・成瀬将虎は悪質な霊感商法事件に巻き込まれ、一方では運命の女・麻宮さくらとのデートもこなさなければならず大忙し。果たして事件は無事解決するのか、そして将虎とさくらの恋の行方は? 最後の一ページまで目が離せない、本格魂に満ちた一作。


以下、ネタバレします。要注意。

「射精したあとは・・・」で始まるこの作品。おいおい、いきなり情事シーンかよ!主人公、成瀬将虎のキャラクターもつっこみどころ満載だぞ!ホントにミステリか!?タイトルから受けた印象と全然違うじゃないか!名前負けしてるぞ!と不満たらたらで読み始めました。ですが、このとき既に著者の術中にはまっていたとは・・・。

書評サイトなどでレビューを読んだ方は察しがついているかと思いますが、叙述トリックを使った作品です。それを知った上でも間違いなく楽しめると思いますが、私の場合は何の情報もなしで読み始めたので最大限にだまされる楽しさを満喫することができました。何事も先入観をもっちゃダメですね。でも、またこの手の作品があったら、気持ちよくだまされては「やられたー」と微笑んでしまうのでしょう。

「葉桜の季節に君を想うということ」という素敵なタイトルは読了後はもっと味わい深いものとなりました。名前負けなんてとんでもありません。タイトルを読んだ時点で物語りは既に始まっているといった感じでしょうか。未読の方はぜひご一読を。


2004年版このミステリがすごい!国内編1位、2004年本格ミステリベスト10国内編1位、2003年週刊文春ベストミステリー国内編2位に選ばれています。また、第57回日本推理作家協会賞、第4回本格ミステリ大賞を受賞をしています。

posted by 玉葱 at 2005年10月19日 | Comment(2) | TrackBack(12) | 歌野 晶午
この記事へのコメント
そうなんですね。この作品は騙されることに快感を感じる人が読んではじめて良かったと評価できる作品です。ところが私らの年代の仲間はこの粋が分からない頭の固いやつが多くて話題にもならないからさみしくなるんです。
もっともこの手の作品はめったに傑作があるものじゃない。下手なのを読んでがっかりすることも多いのですね。
Posted by よっちゃん at 2005年10月20日 10:13

>よっちゃんさん
「粋が分からない頭の固いやつ」の気持ちも少し分かるような気がします。この作品はそうではないのですが、この手の作品を読んで、自分の推理とは関係のない内容で最期にどんでん返しをくらうと、私の時間を返してよ〜!!なんて思ったりします。ずるいとか、反則とか、結構愚痴ってますww
Posted by 玉葱 at 2005年11月10日 20:31

コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/8320823

再掲 ×「葉桜の季節に君を想うということ」 歌野晶午 文藝春秋 1857円 2003/3
Excerpt: 読まなきゃよかったというのが素直な感想である。でも読まなきゃそういうことはわからない。評者は今少し腹立たしい。でもこれって、それぞれの感覚だから、感性だから。実際、本書『葉桜の季節に君を想うということ..
Weblog: 「本のことども」by聖月
Tracked: 2005-10-20 04:05

『葉桜の季節に君を想うということ』 歌野晶午 文藝春秋
Excerpt: 葉桜の季節に君を想うということ 何でもやってやろう屋・成瀬将虎は、朝宮さくらと運命的な??出会いをするが、別でキヨシに頼まれて着いていった先で、老人を対象とした悪質な霊感商法事件についての依頼を..
Weblog: みかんのReading Diary
Tracked: 2005-10-20 06:40

「葉桜の季節に君を想うということ」歌野晶午
Excerpt: 葉桜の季節に君を想うということposted with 簡単リンクくん at 2005. 6.24歌野 晶午文芸春秋 (2003.3)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る..
Weblog: 本を読む女。改訂版
Tracked: 2005-10-20 09:31

騙されて快感を覚えるミステリー「葉桜の季節に………」
Excerpt: 「「葉桜の季節に君を思うということ」歌野晶午」について
Weblog: 日記風雑読書きなぐり
Tracked: 2005-10-20 10:20

葉桜の季節に君を想うということ (歌野晶午)
Excerpt: ミステリーの分野では実力派の作家と思っていましたが、一般受けしにくいタイプの作家とも思っていました。それだけに、この作品が読者から高く評価されたことは驚きでした。 この作家の実力が発揮されているとい..
Weblog: 読んだモノの感想をわりとぶっきらぼうに語るBlog
Tracked: 2005-10-20 12:51

葉桜の季節に君を想うということ
Excerpt: 著者:歌野晶午  文藝春秋社 2003年の話題作。ず〜っと気にはなっていたのです
Weblog: 倶楽部 醴泉〜酒とミステリィの日々〜
Tracked: 2005-10-20 19:12

「葉桜の季節に君を想うということ」を読んで
Excerpt: {/cherry_blue/}この小説はおととしに出版されたもので、 その年の「このミステリーがすごい」で上位になった本です。 作者の歌野晶午氏の小説ははじめて読むので、どんなものかなと想いましたが ..
Weblog: これが私の生きる道
Tracked: 2005-10-20 20:59

歌野晶午『葉桜の季節に君を想うということ』  ★★★☆
Excerpt: 葉桜の季節に君を想うということ 歌野 晶午 「どうして俺が特別であってはいけないんだ。誰が決めた。特別か特別じゃないかは生きてみないとわからないじゃないか。優秀な人間を見て、自分は適わないと思..
Weblog: book diary
Tracked: 2005-10-22 00:18

ブログ村・村長(そんちょう)の一気読み 10/22-4
Excerpt: にほんブログ村に新規登録してくださった参加メンバーの方のプロフィール一覧です。 それぞれのブロガーがブログ村の中で新しいブログ仲間と出会って、 みんなが豊かで楽しく感動的な人生を送ることができれば..
Weblog: にほんブログ村BLOG
Tracked: 2005-10-22 22:41

葉桜の季節に君を想うということ [歌野晶午]
Excerpt: 葉桜の季節に君を想うということ歌野 晶午文芸春秋 2003-03 もと「探偵事務所」勤務(?)の経験をかわれ、探偵役を頼まれてしまった成瀬将虎。悪徳商法事件に立ち向かう彼は…。 うーん。やら..
Weblog: + ChiekoaLibrary +
Tracked: 2005-10-26 18:11

「葉桜の季節に君を想うということ」(歌野晶午)
Excerpt: 歌野晶午と言えば「新本格」ちうイメージでずっと覚えておりまして。デビュー作の「長い家の殺人」がイマイチ好みやなかったので、全くその後を追いかけることもしてなかったのであります。が。2003年の「このミ..
Weblog: 「いろいろ感想文」
Tracked: 2005-10-30 21:24

歌野晶午 葉桜の季節に君を想うということ(文藝春秋)
Excerpt: 葉桜の季節に君を想うということ歌野 晶午 (2003/03)文藝春秋 この商品の詳細を見る 2004年このミステリーがすごい!第1位。 探偵事務所に勤めていたことのある成瀬は 後輩のキ..
Weblog: Celestial Blue
Tracked: 2006-08-20 19:46
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。